通信制高校のおかげで大学進学を諦めずに済みました

大学に進学たいという思いがあったので計画を立てて努力することができた

高校に通い始めてからいじめに遭ってしまった | 大学に進学たいという思いがあったので計画を立てて努力することができた | 将来の夢に向かって努力を続けられる環境を失わずに済んだ

勉強を諦めたくないという気持ちはあったので、その学校で勉強することに決めたのです。
通信制高校は高校のように学校で授業を受けることがほとんどないので、自分でスケジュールを立ててしっかりと勉強しなければならないという大変さはありましたが、大学に進学してみたいという思いがあったので自分なりに計画を立てて努力することができました。
また、担当となってくれた先生が非常に親身な方であり、進学することを踏まえた計画の立て方や勉強の進め方などを教えてくれたところも嬉しかったです。
正直な話をすると通信制を選んだ以上は大学進学がかなり厳しくなると思っていましたが、自分にやる気があり、バックアップ体制が整っている学校を選んでおけば、大学を諦める必要はないと感じられるようになりました。
高校に通ったわけではないのでどちらのほうが大変と比べることはできませんが、通信制高校を選んだことでのびのびと勉強することができたと思います。
少しの間ではありますが、最初の高校に行っていた時期と比べると、精神的に安定した状態で勉強することができました。
選んだ通信制高校ではたまに通学したりイベントに参加したりすることがありましたが、同級生となる人や同じ学校の人、先生や職員の方などみんな優しい人で安心して参加できた点も良かったです。